株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説サイト
株式投資で稼ぐ為に必要な基礎知識や株式用語や証券用語の説明、株式投資で稼ぐ為のお役だちツールや情報、必勝法など株式投資に関する情報をまとめたサイトです。

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説サイトについて

株式投資をやってみて株で儲けることの面白さを知った管理人が株式投資初心者でもわかるように株式用語や証券用語、株式投資の基礎知識、株で稼ぐ為に役立つ情報などをまとめたサイトです。
株式投資初心者でも株のことがわかるように説明しているつもりですので参考にしていただければ幸いです。
また株式投資で儲ける為の必須アイテムや必勝法、ノウハウなどの情報も公開しておりますのでこちらも株で稼ぐ為の参考情報としてお役立ていただければ幸いです。
株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
青天井とは
相場が長期にわたって上がり続け、好材料などの存在によりこの先どこまでも上がりそうな状態のことを「青天井」と言います。
青空のようにまるで行き止まりがないかのような状態であることからこの言葉がありますが、当然のことながら相場には必ずピークがあり、実際にはどこまでも値上がりを続けることなどありえません。むしろこのようなときは急に下げに転じる場合もありますから注意が必要です。

スポンサーサイト
→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
アクセスポイントとは
プロバイダーを選ぶポイントとしては、入会金、接続料金のほかに、アクセスポイントの近さも重要です。
「アクセスポイント」とは、インターネットに接続するときに、まずプロバイダーのコンピュータにアクセスするための電話番号のことです。略して「AP」と表記されていることもあります。たいていのプロバイダーは複数のアクセスポイントを持っていて、大手のプロバイダーでは日本全国にアクセスポイントが展開されています。
プロバイダーのコンピュータがどんなに遠くにあっても、利用者は一番近くのアクセスポイントからアクセスすることができます。そして、いったんプロバイダーのコンピュータとつながれば、後はインターネットを通して、世界中のコンピュータと接続できます。ですから、たとえ地球の裏側にあるコンピュータのホームページを見る場合でも、利用者はプロバイダーのアクセスポイントまでの電話料金だけで利用することができるのです。
アクセスポイントまでの電話料金は利用者の自己負担なのですから、アクセスポイントができるだけ近く?市内通話の範囲にあるプロバイダーを選ぶのがベストです。それば無理なら、より近くにアクセスポイントがあるプロバイダーを選ぶのがベターと言えるでしょう。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
預かり資産とは
預かり資産とは証券会社が投資家から一時預かりしている株式や債券、投資信託、保護預かりなどの金融資産の総額を指します。
証券会社の規模を示す数字となるものですが、バブル経済の崩壊以降は減少傾向にあります。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
株を所有するメリットとしてインカム・ゲインがあります。
インカム・ゲインとは配当や利子による収入の事です。
株を所有している会社の利益があがらず投資家への配当が無配の場合はインカム・ゲインは入らず、またキャピタルゲインのような大きな利益は期待できません。
しかしインカム・ゲインはリスクの少ない安定した収入になる可能性があります。


→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
インサイダー取引とは
インサイダーとは「内部者」のこと。インサイダー取引は株価に大きな影響を与えるような内部情報を知る立場にある者や会社関係者が、情報が一般に公開される前に株式の売買を行うことです。
例えば、帳簿の閲覧権を持つ株主や役員などが決算の数字を元に売買を行ったり、新商品情報や新株の発行、会社が被った各種の損害などの内部情報を知る内部者が、自社株を売買する行為を指します。このような行為は、一派投資家との間に大変な不公正を生み、市場の信頼性を損なうものとして証券取引法により厳重に禁じられています。(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、法人の場合は3億円以下の罰金)。
会社関係者から業務などに関する情報の伝達を受けたもの、その情報が公表されてからでなければ取引を行うことはできません。なお情報の「公表」とは、放送局・新聞社・通信社などの2つ以上の報道機関に情報を公開したときから12時間後とされています。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
委託売買業務(ブローカー業務)とは
委託売買業務(ブローカー業務)とは、証券会社が自己判断で行う自己売買業務にたいして、顧客から注文を受け、それにしたがって売買する教務を指します。
証券取引所へ注文を取り次いで取引を成立させることで、このとき顧客が支払う手数料が証券会社の収入源となります。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
インデックスファンドとは
インデックスファンドとは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの平均株価指数(インデックス)に連動して運用成果を上げること目的とした追加型投資信託です。申し込みは1万円単位でいつでも換金でき、年一回分配金を受け取ります。東証第一部株式200銘柄以上に投資するため、市場全体に投資する商品と考えることができます。売買のタイミングがつかみやすく煩雑な情報収集がさほど必要ない点が特徴で、アメリカなどの平均株価指数を対象とした商品もあります。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
イールド・スプレッドとは
イールド・スプレッドとは当期国債利回りから株式益利回りを差し引いて算出する株式と債権の相対的な投資価値を見るための指標で、イールド・スプレッドを過去の平均と比較することにより株式や債権の投資機会を判断することが可能となります。株式益利回りとは一株当たり税引き利益を株価で割ったもの(PERの逆数、EPS÷株価)です。
一般にイールド・スプレッドが大きくなるということは株式への投資意欲が落ちていることを意味し、逆に債権は割安となるため、株式よりも債権への投資が有利ということになります。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
1株当たり純資産とは
企業の貸借対照表(バランスシート)にはいろいろな表記方法がありますが、よく目にするのは左側が「資産の部」、右側が「負債・資本の部」に分かれた表です。「資本の部」は資本金、資本準備金、利益準備金、剰余金などで構成され、これらはいずれも株主に帰属する資産とみなされます。このため、株主資本といったり純資産といったりします。
1株当たり純資産は、この純資産を発行済株式数で割った数値で、PBR(株価純資産倍率)を計算する際の基礎となります。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

株式投資で儲ける為の第一歩 株式投資の必勝法・基礎・株式用語解説
移動平均線/ゴールデンクロス/デッドクロスについて
移動平均線とは過去のある一定期間の平均株価をグラフにして売買のタイミングを計るものです。平均する期間には短期(5日、25日)、中期(75日、100日)、長期(200日)があり、期間が長いほど確実性が高いとされているため中長期的な相場の流れや転換点を判断するのに適しています。
短期線・中期線・長期線を交差させて、交差の状態から株価の動きを判断する方法も取られます。株価が上昇に転じるときは短期線・中期線・長期線の順に上昇して行きますが、このとき中期線が長期線よりも上に突き抜けることを「ゴールデンクロス」といい、相場が強気に上昇する信号とされています。
逆に中期線が長期線を下に突き抜けた場合は「デッドクロス」と呼ばれ、相場が下降する信号です。同じような現象が短期線と中期線の間で起こることをそれぞれ「ミニゴールデンクロス」「ミニデッドクロス」と呼びます。

→ ※エントリー記事部分、広告挿入欄のサンプル 下部スペース ←

◎ 広告のサンプル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。